fbpx
BLOG

BASEMENTZOOの豆知識

  1. HOME
  2. ブログ
  3. パーソナルトレーニング
  4. 【ジム初心者】基本の服装5点セット男性用
ジム服装

【ジム初心者】基本の服装5点セット男性用

ジム通いを検討している初心者の方。こんなことで悩んではいませんか。

・どんな服装がいいのかわからない
・自分の服装がおしゃれかどうか気になる
・快適な服装が気になる

この記事では、スポーツジムで必要な服装やアイテムを詳しくご紹介します。自分の用途に合ったトレーニングウェアを検討し、まずは一歩踏み出すところから始めてみましょう。

ジムの服装.基本5点セットをあつめよう

初めてジムに行く際には何を持っていけばいいのかわからないこともあるでしょう。そこでまずは、ジムを利用する際に必要な服装やアイテムを揃えましょう。ジムに入会したばかりの初心者の方は是非参考にしてくださいね。

ジムの服装①トレーニングウェアトップス

ジムで運動するには運動に特化したウェアを着ることが重要になります。普通のTシャツではなく、発汗性のよいウェアにすることが大切です。上級者になれば男性はタンクトップ、女性はブラトップのようなトレーニングウェアを着用することが多くなりますが、初心者は体に熱がこもらないような半袖タイプのTシャツを選ぶのが無難でしょう。

コンプレッションウェアという体にぴちっとフィットするものもあります。

ジムの服装②パンツ、ボトムス

ボトムスに関しては、トップスと同じく動きやすさを重視した服装がよいでしょう。男性ならハーフパンツを着用している方が多いです。女性は長ズボンであることが一般的ですね。夏場は熱がこもりやすいのでハーフパンツを着用するのがおすすめですが、寒いという方や足が気になるのなら長ズボンにすればよいでしょう。

汗を吸収しやすい綿製のものや汗を発散させやすい素材のものがおすすめです。

ジムの服装③スポーツ用アンダーウェア

アンダーシャツは体に密着して汗を吸収、体の熱を発散させてくれるものです。高校球児が試合着の下に着ている黒のインナーのようなものといえばわかりやすいでしょう。

先ほど少しご紹介しましたがコンプレッションウェアというものも存在します。
何かわかりにくいのでわかりやすく図で区分けを紹介するとこのようになります。

コンプレッションウェアはアンダーウェアとしても使えますし、そのままトップスとしても使用できます。

コンプレッションウェアは身体を圧迫し以下のようなことを促進してくれます。

  1. パフォーマンスが向上する
  2. 筋肉の疲労を軽減させる
  3. ケガを予防する
  4. 疲労回復が早い
  5. 速乾性がある

本当に服でそんなことが可能なのかという方もいらっしゃいますが、コンプレッションウェアについての学術論文もあり、科学的根拠に基づいた洋服です。本格的に運動がしたいという方や、ケガをしたくないという方はコンプレッションウェアを着用してみるのもおすすめです。

しかし、お腹が出ていたり、痩せすぎの場合は体にぴったりしたコンプレッションウェアを着用することに抵抗があるかもしれません。その場合には重ね着をするとよいでしょう。

トップスだけでなく、ボトムス用のアンダーウェアもあります。ハーフパンツがずり上がってくるのが気になるという方はぴったりしたアンダーウェアがぴったりです。

ジムの服装④シューズはクッション性の高いものを選ぼう

ジム用のシューズは一点持っておいた方がいいアイテムです。普通のスニーカーでも駄目ではありませんが、日常生活での運動とは違い、ジムで激しい運動を行うのには向いていません。

そのため、クッション性の高いシューズを選ぶのがおすすめです。

そのなかでもジムに長く通い続けようとお考えなのであればジム専用のシューズを選ぶのがベストです。初心者のうちに全部用意してしまうのが不安だという方はBASEMENTZOOでは貸し出し用のシューズもあるので一旦レンタルで対応するのもおすすめです。

長く通い続けるようになると自身の持ち物にこだわりや思い入れが出てくるのでその際にお気に入りの一足を購入すればジム通いがもっと楽しくなるかもしれません。

ジムの服装⑤スポーツ向けソックス

ジムでの運動をする際には一般的な靴下より、スポーツ用のソックスを着用するのがおすすめです。ちょっと厚手のため激しい運動をしても破れにくいですし、足の負担もかかりにくいです。

クッション性だけでなく、発汗性が高いので熱がこもりにくく運動を快適に行えます。

ジムを使いやすくするポイント

ジムに通っていると利便性や通いやすさに関して気になることもあるでしょう。ジムにもっと通いやすくする方法をお教えします。

1.スポーツ用品向けの鞄にまとめると通いやすくなる

毎回「どの鞄にどのウェアを持っていこうか」と考えるのは面倒くさいもの。それを考えるだけでジムに行くのが億劫になってきます。

そのためスポーツ用品を持ち歩けるように鞄にまとめてしまうのが楽です。
おすすめはシューズ部分とほかの荷物を入れる部分が別になっているもの。

BASEMENTZOOでは床を清掃し綺麗に保ってはいますが、ウェアと一緒に入れるのは抵抗がある方もいらっしゃると思います。袋にいれてバッグに入れるという方法もありますが二度手間なのでこのようなバッグをおすすめしています。

2.レンタルという選択肢もある

ウェアをレンタルとして用意しているジムもあります。ほかの人とシェアしているので気になる方は借りることはできないかもしれませんが、他の方が着用しているのが特に気にならないのであれば自分で持ち込む荷物は格段に減ります。そのため、会社が始まる前や会社帰りに寄ろうと思っても余計な荷物を持っていく必要はありません。

初めはレンタルで、後で自分の好きなトレーニングウェアを見つけたから服装を変えるという方もいらっしゃいます。

気軽にジムに行ってみたいという方にはレンタルはおすすめです。

3.ジムごとにOKな服装は違う

一つ注意しておくべきなのはジムごとにOKな服装が違うということです。男性のタンクトップや女性の谷間がみえるような格好など、そのジムの雰囲気に合っていないという服装は規約で禁止されていることがあるため、自身の格好にこだわりがあるという方は最初に規約を読んでおいたり、スタッフさんに尋ねておくのがよいでしょう。

ジムでそのほかの必要なもの

ジムで最低限必要な服装は上記5点セットですが、ほかにもあったほうがよいものとしてはタオルやリストバンドなど汗を拭くものや水分を補給できるもの、プロテインなどを準備できるとよいでしょう。

ジムによっては契約ロッカーがあるので契約ロッカーにいつも洗濯が必要でないものは、入れておくのもよいです。

BASEMENTZOOでは会員様は誰でもタオルが自由に使うことができます。また、パーソナルトレーニングを申し込んで頂けるとその回につき、一回のプロテインがついてきます。自分でプロテインを買ったことがないという方や、何から始めればいいのかよくわからない初心者の方もBASEMENTZOOでは始めやすいプランがあります。一度BASEMENTZOOでどんなことができるのか、自分がどう変わっていきたいのか相談しにきてみませんか。BASEMENTZOOでは皆様がいらっしゃるのをお待ちしております。

BASEMENTZOOへの体験・見学 / お問い合わせ

参考:
運動後のコンプレッションウェアの着用が筋機能の回復や筋損傷に及ぼす影響の解明
コンプレッションウェアが酸素摂取量および心拍数に及ぼす影響
運動時におけるコンプレッションウェア着用のプラセボ効果

関連記事